競技ダンスのグループレッスンでのファシリテーションの具体的な適用方法

競技ダンスのサークルやグループレッスンにおいて、ファシリテーションの技術を取り入れることは有効です。

このアプローチは、ダンサーたちがより効果的に協力し、コミュニケーションを取り上達するためのスキルを高めるのに

役立ちます。

 

 

1.目標設定:

レッスンの初めに、その日の目標を明確に共有する。

練習の目的と各ダンサーの役割を理解しやすくする。

 

2.アクティブリスニングと意見交換:

ダンサーたちが互いのフィードバックを積極的に聞き、受け入れる文化を育む。

グループ内での意見交換を奨励し、新しいルーティーンや改善点についてのアイデアを共有する。

 

3.問題解決のファシリテーション:

困難な振り付けや技術的な問題が発生した際、グループで解決策をブレインストーミングする。

全員が解決策に貢献することで、チームとしての解決能力を向上させる。

 

4.役割の循環:

ダンサーが異なるリーダーシップの役割を経験できるようにする。

それぞれが練習の一部分をリードすることで、自信と責任感を育む。

 

5.セッションの振り返り:

レッスンの終わりには、その日の学びや達成点、改善が必要な点をグループで共有する。

次回のレッスンの準備のために、具体的なフィードバックを提供する。

このようなファシリテーション技術をグループレッスンに取り入れることで、

ダンサーたちはより生産的な環境で学ぶことができ、パフォーマンスの質も向上します。

また、互いに教え合う文化が根付くことで、技術的なスキルだけでなく、

チームワークやリーダーシップの面でも成長することが期待されます。

 


スタジオでプロの先生が担当するグループレッスンでも、サークルの練習会でも通り一辺倒になりがちな

グループレッスンを参加者にとってより価値のあるグループレッスンとなるようにするために、また、

参加者の効果的なパフォーマンス向上のためにも、プロの先生のレッスン力向上にもファシリテーションの導入は

とても効果的です。具体的な導入方法を知りたいとお考えでしたら、個別案件として相談に乗りますので、

ご連絡ください。

  • ウェブ予約
  • ページ上部へ